AGA治療薬ミノキシジルの副作用と注意点

AGAの治療でよく使われているミノキシジルですが、元々は高血圧の治療薬として開発され、血管の拡張をするために使われていました。しかし、治療の過程で脱毛症を回復させる効果があったことから脱毛症の治療薬として改めて開発され、治療薬として販売されるようになっています。元々髪の毛は頭皮の根元で作られており、頭皮の毛細血管から栄養を補給してそれを細胞に送り、分裂を繰り返して髪の毛へと成長させていきます。この場合、頭皮の血行は重要な意味を成しており、血行を良くすることで頭皮に栄養がいきわたるようにすることができます。そこで登場するのがミノキシジルです。元々は血管拡張の薬として作られたものであり、頭皮の血管を拡張させるだけでなく、細胞に働きかけ、分裂を活性化させる効果もあります。

ミノキシジルの副作用ですが、最も多いのは頭皮のかゆみです。ミノキシジルが配合された育毛剤を使うと、塗ったところから血流が活発になっていくようになりますが、塗った個所が整髪剤を多めに塗ったような感覚になることが言われています。毛根に対する働きがそれだけ強い分、肌への影響も当然ながらあり、頭皮が弱い人の場合にはそのせいでかゆみが発生したり、かぶれにつながってしまったりすることになってしまいます。長く続けなければその効果が実感できないということもあり、構わず続けているとAGAの治療以前の問題となることも十分に考えられます。ミノキシジル配合の育毛剤などは店頭でも売られていますが、使用する前に医師に診断してもらう、肌が弱い人であれば皮膚科で相談するなどの対策が必要です。

ミノキシジルは本来頭皮に塗布するものしか売られていませんが、元々が高血圧の治療薬ということもあり、高血圧の薬として海外などでは錠剤として販売されており、それを輸入して販売しているところが存在します。そのため、AGAの治療を受ける人の中には錠剤として服用し、内と外から治していこうというする人もいます。しかし、これは危険が伴います。服用することで血管が拡張され、その分、血液が必要となります。体内にたくさん血液を送りこまないといけないとばかりに心臓が激しく動き始め、心臓に負担をかけ、動悸の原因となってしまいます。心臓などの循環器トラブルが多数報告されているなど、服用することへの注意はしておかなければなりません。これは塗布するタイプでも同じで、既往症の確認を購入前に求められるなど、事前に医師、薬剤師などに聞いておく必要があるというのを注意点としてあげることができます。

日本ではタブレットタイプは承認されておらず、あくまで個人輸入で手に入れるしかできません。そして、あまりに危険が伴うため、手を出さないようにすることが求められます。そして、肌が弱い人も副作用を受けやすい傾向にあることから、慎重に使い、肌への異常を感じ取ったらすぐに使用を中止するということが大切です。参考サイト『AGA大阪|あなたに最適な大阪のAGAクリニックが見つかるサイト


  • Categories: